監獄のお姫様 感想 1話【隠しきれない”おばちゃん感”がたまらない♪】

こんにちは。

 

今日は、『監獄のお姫さま』の

第1話「誘拐」ネタバレです。

 

 

ちなみに動画の配信は、

ビデオパス

でされています!

 

 

どちらも無料トライアル可能なので

気になる方はぜひ公式サイトへ♪

 

あらすじ

 

2017年のクリスマスイブ。

イケメン社長である吾郎は、千夏とテレビ共演していました。

 

 

その収録中に、ADから

「勇介(吾郎の息子)が誘拐された」

とカンペが出されて…!?

 

 

その誘拐事件を計画したのは、

ある絆で結ばれた女性

 

 

その犯人のひとりである馬場カヨは

仲間の洋子、明美と連絡をとりあって

誘拐の準備…のはずが、

 

なんと別の子!?

 

波乱含みのドタバタコメディときどきシリアス、

クドカン節で開幕です!

 

感想

宮藤官九郎の最新作であるこのドラマ。

キャストを見たときから期待をしていましたが、

期待通りの先の読めない展開と

テンポの良さがとても楽しい作品です。

 

 

個性豊かなキャラクターと

けして若くはない”おばさん”達が

悪戦苦闘しながら切磋琢磨する姿が

見ていて笑いを誘いつつも

応援したくなってしまいます。

 

例えば第一話の見所は、

話の発端となる吾郎の息子の誘拐シーンです。

 

 

もちろん誘拐するまでの展開も面白いのですが、

カヨと女優が戦隊ヒーローになりきり

吾郎の息子を車の中へと誘導するシーンは

笑ってしまいます。

 

 

表面は戦隊スーツなのですが

行動やポーズが絶妙なおばさん具合を醸し出していて

演じてるお二人には申し訳ないけど

「あー、こういうおばさんいるいる(笑)」

みたいな反応をしてしまいます。

 

 

そして、吾郎の息子も若干の不信感を抱きつつも

見た目に騙されちゃってついていってしまうところも

なんだか可愛らしいので是非見て欲しいです。

(そのあとの、だんだん現れる本性も見逃せません!

対女優のくだり、未来が末恐ろしいです・笑)

 

 

そして、宮藤官九郎さんの作品特有の

小技がきいています。

 

 

わかる人にはわかるけど

わからない人にはわからない、

そんな小ネタも多く

1回見ただけでは

すべて回収できないネタの宝庫ともいえます。

 

 

それ故に放送後に

何回も見直してネタ探しをしてしまうほど

楽しい作品になってると思います。

 

 

展開やテンポが早くリズミカルに進んでいくので

あっという間に1話が過ぎていく感じはしますが、

先の展開がとても見たくなりました!

 

 

カヨ達がどうして吾郎を貶めることになったのか。

どう貶めるのか。

 

 

そして、それぞれの係わり合いや

各々が抱えるもの。

 

 

気になることが沢山です。

今後の展開に期待大!

 

 

そんな作品です。

 

見たくなってきた方にご案内♪

 

動画配信をしているのは、

ビデオパス(詳細はこちら)

です。

 

 

配信のさ&ほかのマニアックさならauビデオパスがオススメです。

 

[PR]